サイトマップ
  無料体験セミナーはこちらから
  プロフェッショナル人材コーディネーターとは
  キャリア・カウンセラーとは
  養成講座の概要と受講料
  カリキュラム概要
  資格取得までのStep
  サポート活動と活動領域
  受講対象者
  卒業生の声
  講座についてのQ&A
  無料体験セミナー
  講座日程
  企業の方へ
  講師陣のご紹介
  教室地図
 
お申込・お問合せはこちらから
プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー® 白根陸夫の考え
竹内和美の『コーチング道場』
認定エグゼクティブ・コーチ養成講座/コーチング
NPO/特定非営利活動法人 日本エイジング・アドバイザー協会
エイジング・アドバイザー(R)/世渡り指南師(R)養成講座
キャリア・ブレーンのメンタルヘルス講座
運営会社 CAREER BRAIN 認定団体
Topへ戻る

講座についてのQ&A

41.お金は分割払いできますか
受講開始前に全額お支払いいただくことになっております。
やむを得ない事情にて分割払いをご希望の方は、養成講座事務局までご相談下さい。

前のページへ戻る

42.認定試験はいつやるか
養成講座(10日間または7日間の通学コースおよび通信コース)の修了認定に合格すれば、NPO/日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会のプロフェッショナル人材コーディネーター資格試験、認定キャリア・カウンセラー資格試験の受験資格がそれぞれ付与されます。試験受験は任意でありプロフェッショナル 人材コーディネーター資格試験、認定キャリア・カウンセラー資格試験は各10,500円(含む消費税)にて、NPO/日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会が実施しております。
養成講座の最終日に資格試験の日程についての発表があります。認定教育機関であるキャリア・ブレーンの養成講座の修了者のみの受検であり、また受検は任意であることから、試験日程は公開しておりません。希望に応じ、講座終了日当日の受検も十分可能です。

前のページへ戻る

43.養成講座(10日間または7日間の通学コース)を修了すれば、プロフェッショナル 人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格が確実に取得できるのか
NPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会認定のプロフェッショナル人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格を取得するためには、まずは認定教育機関であるキャリア・ブレーンの養成講座(10日間または7日間の通学コースおよび通信コース)の修了認定に合格することが必要です。

1. 出席率が80%以上あること
(通信コースの場合2日間のスクーリングを修了していること。※2日間のスクーリング終了後、同日修了試験を実施。合格者には修了証が交付されます。)
2. 所定課題(22点のワークシート)を提出すること
3. 成果物(5つの強力ツール)によるプレゼンテーションの成績が80点以上あること

修了/合格できるまで、フォローまたは補講を致します。(補講受講料は別途要します)
実践豊富、経験豊な講師陣が、受講生の皆様にNPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会認定のプロフェッショナル人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格を取得していただけますよう誠心誠意、ご納得がゆくまできめ細かく指導・支援いたします。

前のページへ戻る

44.試験は難しいの、誰でも受かるのか
NPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会では、実践力を身につけ現実の人材ビジネスの場面で派遣スタッフに対し的確な支援が出来るとみなした方にだけ、プロフェッショナル人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格を認定しております。
実践力のない方、人材コーディネーターの仕事をただ単に学問的知識を得るために勉強するとお考えの方には、非常に難しい試験であるといえます。
まずはキャリア・ブレーンの養成講座(10日間または7日間の通学コースおよび通信コース)にて実践力を身につけられることをお勧めします。キャリア・ブレーンの養成講座の修了認定に合格されれば、それが即ち実践力がついているという証になります。キャリア・ブレーンのプロの講師陣があなたの実践力向上に力をお貸しします。

前のページへ戻る

45.合格率65%といわれているが、不合格になったら再受検か
NPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会では、厳格な資格審査にてプロフェッショナル人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーとして世に送り出せると判断した方のみに、プロフェッショナル 人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格を認定しております。
キャリア・ブレーンでは養成講座の受講生に対し、全員が合格出来るように講師一同全力を挙げて支援しております。
養成講座は少人数制(最少人数2名から原則8名まで)にて運営されており、受講生の実践力強化に役立っています。講師と受講生相互のコミュニケーションが密になり、講義内容、ロールプレイングが一人一人までいきわたります。また、ワークシートなどの添削をきめ細かく致しますので、講座受講後の実践にそく応用可能です。
欠席時の補講制度(他のクラスへの編入:追加金額なし)、終了後の補講制度(有料)も充実しており、NPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会のプロフェッショナル人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格が取得出来るようにきめ細かく支援しております。
キャリア・ブレーンでは、受講生全員にNPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会認定のプロフェッショナル人材コーディネーターと認定キャリア・カウンセラーのW資格を取得していただけるように、つねにより実践的な質の高い授業を行うことをモットーにしております。

前のページへ戻る

46.通信コース修了のみで資格が取得できるか
通学の困難な方向けにプロフェッショナル 人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラー養成講座通信コースを設けています。
通学コースと同じカリキュラムで学習していただき、22点のワークシートを提出課題として提出していただきます。講師によるきめ細かい添削指導を行い、かつ2日間のスクーリングに参加し優秀な成績であることを条件として、認定教育機関であるキャリア・ブレーンの養成講座の修了認定となります。まずは、この認定教育機関であるキャリア・ブレーンの養成講座の修了認定に合格することが必要となります。
養成講座の修了認定に合格すれば、NPO/日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会のプロフェッショナル人材コーディネーター資格試験、認定キャリア・カウンセラー資格試験の受験資格がそれぞれ付与されます。試験受験は任意でありプロフェッショナル 人材コーディネーター資格試験、認定キャリア・カウンセラー資格試験は各10,500円(含む消費税)にて、NPO/日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会が実施しております。
養成講座の最終日に資格試験の日程についての発表があります。認定教育機関であるキャリア・ブレーンの養成講座の修了者のみの受検であり、また受検は任意であることから、試験日程は公開しておりません。希望に応じ、2日間のスクーリング終了日当日の受検も十分可能です。

前のページへ戻る

47.養成講座修了したのちの資格取得への途
キャリア・ブレーンの養成講座(10日間または7日間の通学コースおよび通信コース)の修了認定に合格すれば、NPO/特定非営利活動法人日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会のプロフェッショナル人材コーディネーター資格試験、認定キャリア・カウンセラー資格試験の受験資格が付与されます。試験受験に合格されると、NPO/日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会からプロフェッショナル人材コーディネーター資格、認定キャリア・カウンセラー資格が付与されます。

前のページへ戻る

48.資格取得後のアフターフォローにはどんなものが用意されているか
人材コーディネーターを目指して、養成講座への受講を検討されている方に、認定教育機関であるキャリア ・ブレーンにて行っているプロフェッショナル人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラー養成講座の他に類を見ない優位性をご紹介する場です。

【自立支援に向けたサービス】
人材コーディネーター スキルアップ研究会

「人材コーディネーター スキルアップ研究会」とは
人材コーディネーターの有する技能及びキャリア・カウンセリングのスキルアップのための「人材コーディネータースキルアップ研究会」を定期的に開催します。研究会では、人材コーディネーターの機能向上のコツの伝授、メンバー相互間での成功体験の紹介など、ビジネスにつながる支援体制の確立を目指しています(「プロの人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラー」のダブル資格保有者集団だからできる特典です)。

独立開業・営業展開などへのアドバイス

キャリア・ブレーンでは、講座卒業生の独立開業や仕事の受注の仕方のご相談、企業内での事業展開の仕方のアドバイスなどをキメ細かく対応させて頂いております。また、研修講師の仕事の紹介にも極力務めております。
さらに、キャリア・ブレーンではご自身で直ぐに営業活動をスタートさせたい方のために、多種類の営業ツール、パンフレット類を用意(有料)しており、強力に受注活動のバックアップをしております。

名刺やバッジ

人材コーディネーターの社会的地位や知名度向上を図るための様々なツールを用意。

定例営業会議

毎週月曜日開催(ダブル資格保有者はいつでも出席できます)。於:東京

自主研究会

卒業生がテーマ別に運営する研究会/情報交換会

PCCニュース

卒業生向けメールマガジン配信

メールマガジン

キャリア・アップ転職者の実例を紹介。まぐまぐマガジンID:0000131465
「プロが語るキャリア・アップ転職」(http://www.cb-tokyo.co.jp/magmag/index.html)からご購読ください。

『一億人の就職道場®』

キャリア・アップ転職者に転職ノウハウを伝授する全国FCシステムの展開(オーナー経営者になる夢の実現)


前のページへ戻る

49.短大生・大学生・専修学校制ですが大丈夫ですか
プロフェッショナル 人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラーの活躍の場面は、人材派遣におけるあらゆる階層、年齢層の派遣スタッフへの就職支援に広がってきています。若年者向けには若い人の考え方、感性による対応が重要になってきます。そこでは社会経験の長短は問題ではありません。人材ビジネス業界において若い方の働きの場が急速に広がっています。新卒派遣会社登録者向けプロフェッショナル人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラーは、まだまだ不足しています。今がチャンスです。
多くの若い方が人材ビジネスに目を向けています。その中に埋没しないで、他の人材コーディネーター希望者と自己を差別化されることをお勧めします。
さらに、キャリア・ブレーンのプロフェッショナル 人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラー養成講座は、実践に対応出来るように、自らの22点のワークシート)を作成、自らの成果物(5つの強力ツール)によるプレゼンテーションを行うことから、あなた自身の就職活動において、必ずや成功できるノウハウも身につきます。

前のページへ戻る

50.どんな人が受講されているのでしょうか
キャリア ・ブレーンにて行っているプロフェッショナル 人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラー養成講座の受講対象者は下記のとおり多岐にわたっています。

1.自分のキャリアアップを図りたい個人の方
自己実現したい
自分の市場価値を意識したキャリア開発
就職・転職・個人事業活動に役立つ他人と差別化したノウハウ・スキルの獲得
2.新たな活路をつかみたい個人の方
現在の仕事に加え、もう一つ柱を作りたい
独立開業して、大きく稼ぎたい
プロフェッショナル 人材コーディネーター/認定キャリア・カウンセラーとして活躍し、世のため、人のために役立ちたい
3.人材ビジネス業界における人事・総務部門で活躍中、これから活躍したい方
人材の最適活用の企画・実施
派遣スタッフのキャリア形成支援
派遣スタッフ意識改革・キャリア形成支援講師
4.人材ビジネス業界で活躍中・これから活躍したい方
登録人材の最適活用提案
登録人材のキャリア形成支援、カウンセリング
新規登録希望者支援・関連サービス&スキル提供
人材ビジネス業界の人材コーディネーター統括
5.以下の資格をおもちの方でダブル/トリプル資格でご自身に付加価値をつけたい方
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー、プロフェッショナル・キャリアカウンセラー®

前のページへ戻る


プロフェッショナル 人材コーディネーター養成講座

Copyright (C) CB All rights reserved.